4月30日(水) 控室の片づけ、生活相談など

 今日は市役所事務所の片づけ。新たな会期でこれまでの控室割り当てが変わります。とても1日で終わるものではありませんでした。

 午後は選挙期間中に頂いた生活相談の対応でした。

 

4月29日(火)(休) 障害児の通学に関する生活相談、電話でお礼など

 休日の今日は午前中久しぶりにゆっくりしました。市議選後もほとんど休んでいませんでした。ほぼ寝ているだけでしたが。

 午後は生活相談。知的障害(療育A)のお子さんをもつ親の方から、実態に合っていない学校への移動支援についてお話を伺いました。初めて伺う事でしたので、詳しく調査し改善を促していきたいと思います。

 その後は青島支部の支部会議にお邪魔して党員の方に選挙のお礼、引き続き電話でお礼の挨拶でした。

 夜は毎月行っている無料法律相談でしたが、今日が休日で会場の生涯学習センターが閉鎖されているにも関わらず選挙のドタバタで昨日まで気づかずにいて、ビラでお知らせしてしまいました。事前に来ると言ってきた方には改めてお詫びし次回に。ビラを見てくる方もあるので午後6時から1時間弱会場前で待っていました。一人の方がきましたが、事情をお話しました。

 

4月28日(月) 4年間に向けて…

 今日は早朝の日刊赤旗の配達後、ほとんどの時間が日曜版の配達集金でした。

 その他の時間は大石議員や党との打ち合わせ。市議選の反省とこの4年間でどう取り組んでいくかを話し合いました。2期目となり、「勉強」時代は過ぎました。経験を活かし、常に市民目線でモノを考えていきたいと思います。早速、新議会での委員長や議長人事、会派の構成等色々動きがあるようですが、大多数の市民から見れば「どうでもいい事」。そんなことに時間を費やすことなく4年間頑張っていきたいと思います。

 夜は党の会議でした。

 

4月27日(日) お礼の電話がけ

 今日は町内の水路清掃です。その後はお礼の電話がけでした。

 この市議選で本当に多くの方にご支援いただきました。90代の方も私のために一人で支持拡大にまわってくれています。ありがとうございます。

 夕方からは家族で久しぶりに自宅でバーベキュー。合間に水泳1500m、今年32回目で総距離47400m、体重69・7kでした。

 

4月26日(土) お礼のあいさつ回り

 今日は街頭宣伝をやろうとしましたが、宣伝カーの音が出なくて止む無く「お礼挨拶回り」に切り替えました。選挙がない時でも、街頭から訴えたかったのですが故障では仕方ありません。

 ご近所のお宅中心に、午前午後2ラウンドで約50軒伺いました。2期目に向けて期待してくださる方が多く、改めて身が引き締まる思いです。

 

4月25日(金) 配達を兼ねてお礼に

 今日は赤旗日曜版の配達。選挙のお礼も兼ねてです。

 「息子の同級生2人の候補者から支持を頼まれた」「地域推薦の候補者がいた」等々、読者と雖も色んな方から支持依頼があったようです。それども私を支持してくれたとの事で、本当にありがたいことです。

 午後は高洲南小学校のPTA総会にお招きいただき挨拶させていただきました。1年生6年生の2人の子供が通っています。事前の授業参観も見てきました。いきいきと学んでいる我が子の姿を見てきました。

 その後も日曜版の配達集金です。終わって水泳、今年31回目で1300m。総距離45900m、69・9K。

 

4月24日(木) 「茨城で頑張ってます!」お礼のあいさつなど

 今日は7時から北口での駅頭宣伝、選挙の時だけは駅前も各候補者でにぎわいますが、私は選挙後もスタイルを変えず、毎週(水)南口・(木)北口で7時から行っていきます。

 浜岡問題で訴えていると、ハイキングスタイルの夫婦の方が駆け寄ってきて「私たちは茨城県で東海原発廃炉の運動をしています。お互いに頑張りましょう」と握手してくれました。全国は一つの思いを新たにしました。

 午前中は15期市議最後の全員協議会、引退する市議から挨拶・その他でした。

 午後は高洲中学校のPTA総会にお招きいただきました。その後ご近所にお礼のあいさつ「選挙戦になってあちこちから候補者が挨拶に来たが、いつも来てくれる人でないと。だから夫婦そろって石井さんにしました」と言ってくれました。夜は15期の懇親会でした。

 

4月23日(水) 久しぶりに…

 今日もお礼の挨拶と電話がけ。久しぶりの水泳、従来通り1500mを泳げたのはいいのですがタイムが38分。いつもより4分以上遅いペースです。やっぱり「なまって」いますね。今年30回目で総距離44600m。体重は69・4K。

 

4月22日(火) 当選証書授与式、市議選お礼訪問など

 9時から市役所で当選証書の授与式です。改めて当選者名簿を見ると新人が22名中9名もいるのですね。新旧交代が激しかった選挙でした。

 今日はどの常任委員会に所属したいか申請もありました。6月議会で予定されている来年度から実施される「子ども子育て新制度」条例上程、介護保険制度改悪など、今年度予想される大きな国の悪政による制度改悪で市がどう立ち向かうかが求められています。所管している「健康福祉委員会」を希望しました。

 午後は印刷作業など。夕方からはご近所に選挙のお礼。「ご近所の手前表立って言えないが、安倍の戦争する国暴走を止めるのは共産党しかない。創価学会の人は、選挙後の挨拶にも来るので愛想よくしているが、投票は共産党ですよ」「早くこの水路を完成させてくださいよ」と。ありがとうございます。

 

頂いたご支援に応えます
頂いたご支援に応えます

4月21日(月) 南口での朝の選挙報告、電話と訪問でのお礼など

 結果が判明した夜中の1時ころに大石さんの選対を訪れ共に当選の喜びを分かち合いました。ですが、得票目標に遠く及ばない状況でした。真摯に反省総括すると同時に、頂いたご支援にお答えするべく頑張ります。

 今日は、日刊赤旗新聞配達の日。睡眠時間3時間でしたが遅れるわけにもいかないので頑張って配達後は、7時から南口で選挙の結果報告です。いつもビラを受け取ってくれる何人かの方から「当選おめでとう」と言ってくれました。選挙後も駅頭は続けていきます。

 その後は事務所の片づけと電話で応援に来てくれた方にお礼の電話。夕方からは事務所周りやご近所に「お騒がせしました」とお礼のあいさつ。夜は党の会議でした。

 

4月20日(日) 2期目へ

 お陰様で当選させていただきました。ご支持をしてくれた皆さん、選挙中に掲げた公約実現のために頑張ります。また、連日多くの方のご支援を頂きましてありがとうございました。

 しかし、投票率が5%減っているとはいえ、前回より200票減らしての17位当選です。大石さんも600票減らしており共産党全体の得票は4500票あまりです。この結果を真摯に受け止めなければなりません。喜んでばかりはいられない結果だと思っています。

 

4月19日(土) 告示後7日目最終日、市内街頭宣伝、あいさつ回りなど

 最終日、市内15か所での街頭宣伝。夕方からは、自転車と徒歩で地元地域を行進と挨拶です。

 今日もたくさんの声援激励を頂きました。街宣車にスッと寄ってきて「あなたに入れるよ、駅でいつもやっているのを見ている」と若い男性、浜岡の訴えをずっと聞いてくれていていた3人組の主婦、日の丸の旗を振って「頑張れ!」と家から飛び出してきて激励してくれたお爺さん、私の母親の知り合いだとずっと街宣を聞いてくれていた女性、もともと自民党だが浜岡再稼働だけはダメだと同行党員の方に話していったという若い男性など、厳しい1週間の選挙活動も多くの激励で終盤まで元気に貫くことが出来ました。

 それと、私のために連日事務所に朝早くから夜遅くまで電話がけ、訪問、裏方の事務作業等で一生懸命やってくれた党員、後援会、近隣市町から応援に来てくれた皆さんの支えがあってこそ自分自身納得できる選挙活動が出来たのです。後は結果を待つのみです。本当にありがとうございました。

 

4月18日(金) 告示後6日目(南口で朝の挨拶、市内23か所街頭宣伝、支持拡大訪問)

 いよいよ今日明日の戦いになりました。

 7時から南口で朝の挨拶、ずっと駅頭宣伝をしていたので最後も宣伝したいのですが8時までは音宣伝が禁止されているの仕方ありません。ビラまきをしていると「頑張って」と何人か通勤の方が声をかけてくれました。

 その後は8時から夕方6時まで市内23か所で街頭宣伝です。雨でしたが、それほど強い降りでもなかったのが幸いです。

 厳しい選挙戦を乗り越えてこられたのは、街宣時の手を振っての声援。今日ある場所で訴えていると、怖い顔をしながら年配の男性が近づいてくるので、なんか文句でも言われるのかな~と思っていると真剣な顔で「頑張れよ」と握手を求めてくれました。

 違う場所では、ずっと聞いてくれていた年配の女性がいたので終了後挨拶に行くと「他の人は”お願いします”の連発。石井さんはきっちりとどうしていきたいかを説明してくれている。期待してます」と言ってくれました。期間中市内各地をくまなく回ってきましたが、他候補が街頭で訴えている姿に接していません。政策無い候補者は「名前の連呼+象徴的な言葉(子供が輝く街・待ったなしの行財政改革等々)」のお祭り騒ぎに徹するしかありません。有権者はきっちりと見ているんですね。

 夜は支持拡大訪問。「前回みたいな得票ではなく、もっと上位を目指せ」「地域要望の為に尽くしてくれるのは貴方だけだ」と。別のコメ農家のお宅、「米をつくっても赤字になるので田を売りたい。でも売れない。駅前地区ばかり発達しているのを見ると、選挙に行く気にもなれない」農業だけで成り立たなくなっている国の政治の在り方を変えていかなければなりませんが、政治がそれに応えることないままに政治全てを否定してしまっていました。市政の中でも取り組める事もあるのではないでしょうか。貴重なお話でした。

 

4月17日(木) 告示後5日目(北口朝の挨拶、市内15か所で街頭宣伝、支持拡大訪問)

 残り3日。今日は7時から北口で朝の挨拶です。音の宣伝は8時まで禁止されているので挨拶のみです。

 通勤途中の男性が握手を求めてきて「頑張って」。他にも3人サラリーマンの方から「応援してるよ」との声を頂きました。私が毎週木曜日に駅頭でビラを作り訴えているのを見てくれている方でしょう。選挙が近づくと駅に立って挨拶をする他候補のパフォーマンスが行われていますが、ずっと続けていてこそです。やっていてよかった。選挙後も引き続き続けていきます。

 その後は市職員の方への日曜版の配達。選挙本番ですが、なるべく遅配はしたくないので。10時頃から夕方6時までは街頭宣伝です。消費税、秘密保護法、子育て政策等いろんなパターンで訴えていますが、やはり浜岡原発問題が一番反応があるようです。藤枝市民の命と暮らしにかかわる大事な問題なのに、国あげて再び浜岡を動かそうとしている現状なのに、この市議選でほとんどの候補者が具体的に触れていない。廃炉にしてもらいたいという声にこたえてくれるのは共産党だという御意見が事務所にも寄せられているようです。

 もっとも、同じ場所で何度も原発問題だけを繰り返し訴えても「うるさい」だけですから、所々でアレンジしながらやっていますが、多くの声援を頂いています。

 夜は訪問。私の地元地域で救急車も消防車も入れない狭隘道路問題、県や大井川用水の土地が関わり町内会長や組長と要請もしてきた場所ですが、今回ようやく解決の見通しが立ちました。その報告を兼ねて挨拶をしてきました。「政党党派はどうでもいい。地元のためにやってくれる人がなによりだ、うちには3票あるがまわりにも広める」と激励です。火事が起こった時に消防車も入れない場所に住む人の気持ちを考えれば、これは切実です。この解決のために私の呼びかけで町内会長も組長さんも一緒になって活動してくれました。その成果です。

 町内会に寄せられた各種要望を「地域推薦」でただ一緒に市に行って要請する市議ではなく、自分でどういう問題があるか調査し、自らの取り組みで地域の方と一緒に問題を解決していく。そういう市議になりたいと思います。

 また、この問題に対して藤枝市道路課をはじめ、関係部署の方は誠実かつ積極的に対応してくれました。公務員バッシングが広くありますが、限りある財源の中で一生懸命仕事をしてくれています。ありがとうございました。

 

今日で折り返しです
今日で折り返しです

4月16日(水) 告示後4日目(高洲COOP前での朝の挨拶、市内25か所街頭宣伝、兵北兵南会館前宣伝など)

 今日も7時から田沼街道COOP前で朝の挨拶です。10数台の方から手を振っての応援がありました。

 そして今日も8時から夕方6時までびっしりと市内各地で街頭宣伝、25か所で行いました。

 前回の市議選では1日30か所以上こなしていたようですが、少し年(?)か?それでも街宣中の応援が一番の励みになります。

 夜は、地元地域の兵太夫北、兵太夫南会館前にて、それぞれ短時間ですが支持の訴えを行いました。ご近所の方が来てくれて声援をいただきました。

 1週間の選挙戦、今日が折り返し地点です。悔いないように頑張ります。

 

4月15日(火) 告示後3日目(高洲COOP前での朝の挨拶、市内24か所での街頭宣伝など)

 選挙3日目、今日は街道沿いで朝の挨拶です。いつも街頭宣伝を行う高洲COOP前で手を振っての挨拶です。7時から1時間行いました。8時まで音を出せないので、ただ手を振るだけですが会釈してくださる方、手を振って応えてくれる方などがいると朝から元気が出ます。

 8時からは宣伝カーで街頭宣伝。夕方6時まで24か所で行いました。今日は主に原発問題を中心にして訴えました。駅北公園で訴えている時は、わざわざ外に出て聞いてくれる方がいたので終了後挨拶に行くと「原発だけはやめてもらいたい。あなたは良い話をしている」と支持を約束してくれました。

 田沼の公園脇で訴えていると母娘が拍手してくれます。「中電が浜岡の再稼働申請をしているって言ったけど本当ですか?」2月に4号機の申請をしていると知らなかったと。焼津市民で私に投票できないのが残念だといってくれました。

 各地での街宣や流しなどで、非常にいい応援を頂いていると思いますが油断大敵。残り4日間全力で頑張らなければなりません。

 夜はご近所の支持拡大と、電話での支持のお願いでした。

 

4月14日(月) 告示後2日目(南口朝の挨拶、市内25か所で街頭宣伝など)

 選挙2日目の月曜日。朝7時から南口で挨拶です。

 告示後は音の宣伝は8時からしかできませんので、挨拶とビラ配りでした。いつもはずっとしゃべっているのですが、今日はしゃべれません。あっという間に1時間過ぎるのですが、今日は調子が違ってずいぶん時間の経過が長い気がしました。

 8時からは街頭宣伝です。南口を皮切りに夕方6時まで、駅南地域全般で25か所の訴え。原発問題、子育て問題、消費税問題、政策全般など、色々なパターンで訴えましたが、やはり原発問題が一番手応えがあるようで、遠くの方から聞いてくれている方が何人かありました。ある場所では政策全般編で訴えていたのですが、聞いてくれていた方の終了後挨拶に行くと「共産党のビラを見たけれど、浜岡だけは再稼働させないで」と言われる方もいらっしゃいました。

 夜は支持拡大に訪問、そのうち1軒で初めて会う男性の方「いつも駅でやってますね。支持してますよ」と。選挙の時だけ駅に立ちパフォーマンスをする人が多くいますが、4年間欠かさずやってきた甲斐があります。

  

1週間頑張ります
1週間頑張ります

4月13日(日) 藤枝市議選告示

 いよいよ藤枝市議選が告示となりました。定数22で24人立候補の少数激戦です。

 出発式には、地元の方近隣から応援の方など、およそ90名もの方がかけつけてくれました。

 消費税、原発再稼働、戦争する国造りなど、安倍政権の暴走が止まりません。この暴走に対抗出来るのは日本共産党です。市民の皆さんの「暴走を止めたい」の思いをしっかりと受け止め頑張ります。

 その後は、市内各地で夜の8時まで街頭宣伝の連続です。まだ全ての候補者と会っているわけではありませんが、相変わらず名前の連呼だけの選挙のようです。政策でキッチリと訴えていきたい。皆さんの期待に応えるべく、力ある限り頑張ります。よろしくお願いします。

 

4月12日(土) 街頭宣伝、支持拡大訪問

 いよいよ明日告示となりました。今日も街頭宣伝と支持拡大に奔走しました。訪問では、他予定候補も回っているのでしょう。また来たかといった様子のお宅も多くありますが、「絶対石井さんですよ」という御宅もあります。励みになりますね。また、高洲地区の自治会総会にお招きいただき挨拶させていただきました。

 初めて会う事が出来たお宅は保育士さん。私がずっと取り組んでいる「子ども子育て新支援制度」の弊害を市レベルで食い止めることが出来るとお話しすると意気投合。新たな出会いもあります。

 残り1週間、全力で頑張ります。よろしくお願いします。

 

4月11日(金) 街頭宣伝、支持拡大訪問

 告示直前、今日もフル活動です。

 午前中は、杉森元市議地域を訪問。午後は駿河台を中心に7か所で街頭宣伝、夜も訪問です。

 ある初対面のお宅、出てきた60代くらいの男性が「共産党ならいらない」と厳しいお言葉。失礼しようとすると、玄関から出てきて不燃物改修の際の住民負担や、不在者投票の在り方について日頃不満に感じている事をおっしゃいます。

 じっくりお話を伺うと「党の支持は出来ないが、あなたの仕事ぶりを見て今後考えてみる」と。たとえ反共の方と言えども頂いたご意見を行政に届けるのが市議の役割です。

 今日も多くの方が私のために活動してくれています。疲れもありますが、最後まで頑張ります。

 

4月10日(木) 北口駅頭宣伝、支持拡大訪問など

 木曜日恒例の北口駅頭宣伝。今朝も7時から行いました。その後は「あかはた日曜版」の配達です。

 午後は訪問。今日お伺いしたところは、私の住んでいる地域ではありません。しかもその地域から選出されている市議予定候補がいるのですが、そこに住んでいる方の紹介で挨拶させていただきました。

 「地元だから」「知り合いに頼まれているから」といった尺度で当選しても、今の安倍政権の暴走に対しどれだけの活動が出来るのか。市政では具体的に「子育て」「介護」「地域包括医療」等、あらゆる分野での国政の改悪が今後行われます。「国がやったことだから」仕方ない、それで済ましている市議会では市民はどこに期待すればいいのでしょうか。今日は夜まで訪問でした。

 夕方事務所にいたら、駅前に住む女性が訪ねてきて通塾生徒やマンションの飼い犬の騒音問題の訴え。詳しくお話を伺いまして、共に解決に向けていきたいと思います。

 

新たな改修要望のあった水路
新たな改修要望のあった水路

4月9日(水) 南口駅頭宣伝、市内街頭宣伝、支持拡大訪問など

 水曜日恒例の早朝南口駅頭宣伝、今朝も7時から1時間行いました。焼津市議予定候補「杉田げんたろう」さんと3人で実行です。大分あたたくなり寒暖計は21度。ビラの受取も良好です。

 その後は昨日に引き続き入園式、自宅前の高洲南幼稚園です。

 午後は街頭宣伝、市内9か所で訴え。今日も御前崎市議「清水すみお」焼津市議「片野のぶお」さんはじめ、たくさん事務所に来てくれて応援してくれています。私も頑張り時です。

 いつもの高洲COOP前で訴えていると、信号待ちで目の前に止まったトラックの窓がスッと空き「頑張れよ」と言ってくれました。平日の昼間で住宅街での反応はあまりありませんが、街道沿いでは何人かの声援があります。

 夕方からは自宅周りの支持拡大。大分ご無沙汰しているお宅もあり恐縮でした。その中のある1軒では町内の役員をしている手前、表立って応援できないが地元ではなくてはならない人だから応援していますと、嬉しいお言葉でした。また、新たな水路の改修要望もありました。最も、そればかりではなく「今、炊事中ですから結構です」という御宅もあります。

 

4月8日(火) 市内街頭宣伝、支持拡大訪問など

 今日は高洲幼稚園の入園式にお招きいただき挨拶させていただきました。

 市役所に行って事務作業を少しした後は、市内7か所で一人で街頭宣伝です。定点での実施の他、住宅街でやっていると目の前の町内会館から大勢の人が出てきます。会合をやっていたみたいで気が付かなかったのですが、じっと聞いていてくれましたが、突然ギャラリーが現れて「しどろもどろ」になってしまいました。

 その後はご近所に一人で挨拶回り。猫が多くて困ると言った話(最近投書もありました)の他、「脱原発なんて出来るのか。廃炉にだって数十年かかるし、代替エネを開発するのにどれほどの期間がかかるのか」と問われます。作業工程を見ればそうですが、まず政府が「脱原発」の方針を定めるべきであり、それをしないで実際やっている事は再稼働だけにとどまらず海外への輸出など原発を推進している姿勢こそ改めるべきでは。と思います。よく話を伺うと、中電に勤務されていた方のようで最後まで話は噛み合いませんでしたが、地域での私の活動の事は評価してくれていて「応援する」と言ってくれたのは嬉しく思いました。

 夜は業者後援会の方と訪問活動です。働いても働いても税金で消えていく、自営業者の方の声を聞くこと多し。安倍総理に聞こえるでしょうか。

 

4月7日(月) 窓を開けて「頑張ってくれよ!!」

 今日は日刊赤旗新聞の配達後、午前中高洲南小学校、午後は高洲中学。それぞれの入学式にご招待いただきました。私事ですが、下の娘の小学校入学式でもあります。こないだまでハイハイしていたのに…月日のたつのは早いもんだ。

 夕方からはご近所に一人であいさつ回り。消費税増税を何とかしてもらわないと困る、幼稚園前水路の拡幅工事はいつ完了するのかといったご要望など。うれしかったのは、夕食時で忙しそうだったので奥さんに簡単な挨拶だけで次のお宅に向かおうとすると突然窓が開いてご主人が「頑張ってくれよ!!」と大声で声援を。思わず駆け寄って握手してきました。

 夜は業者後援会の方と引き続き支持拡大訪問です。今日は事務所に少ししか寄れませんでしたが、静岡の職場支部の方や焼津の片野市議も応援に来てくれていました。ありがとうございます。

 

4月6日(日) 市内街頭宣伝、支持拡大訪問、生活相談など

 告示前最終の日曜日は街頭宣伝から。今日も事務所には「鈴木せつこ」静岡市議、「佐藤まさし」吉田町議、「杉田げんたろう」焼津市議予定候補、「もり大介」静岡県議予定候補など、そして党員の皆さんがたくさん支援に来てくれています。そうした中でも2件の生活相談があり電話でお話を伺いましたが、選挙終了後に詳しく対応させていただくことにしました。

 午後は訪問。ご近所に改めて。日頃何度か伺っているお宅ばかりですが、改めて挨拶させていただきました。ある1軒では「安倍政権の暴走を止めるのは共産党しかない。頑張ってくれ止めてくれ」と。夕方は杉田さんと定点(いつもやる交差点)での街頭宣伝4か所。道を隔てて向こう側から大きく手を振ってくれる方などの激励を頂き勇気百倍です。皆さんの期待に応えるため最後まで頑張ります。

 

兵太夫中町内会館にて
兵太夫中町内会館にて

4月5日(土) 兵太夫中町内館にて”つどい” 街頭宣伝、支持拡大訪問など

 今日は街頭宣伝からです。午後に行われる”つどい”のお知らせの他、消費税問題を中心に訴えました。「まんさいかん」前では、終了後走り去るまで手を振ってくれる人がいました。内瀬戸の定点で宣伝後、帰ろうとしたら目の前のご自宅のご主人が「なんで金がない時に原発に予算を使うんだ。おかしい」と話しかけてきました。政府は原発の維持管理予算ではなく”新たに原発を新設増設する予算”を数千億円で計上。青森大間原発の実情をお話しすると怒り沸騰と言った様子でした。宣伝の内容は消費税だったのですが原発再稼働を進める安倍政権に我慢ならないようでした。

 午後は兵太夫中町内会館にて”つどい”を行いました。市議会における共産党議席の役割は、安倍政権の福祉切り捨てに対し「防波堤」の役割を果たす事、具体的に「子育て」政策でお話をさせていただきました。

 私は生まれも育ちも京都ですが、母親の生れ育ちが兵太夫中地区です。母は横浜に父と住んでいますが、叔父さん夫婦がいます。京都の団地で過ごしていた幼少時代の夏休みは毎年欠かさず母の実家に遊びに来ました。当時は、あたり一面「田んぼ」で団地では聞かれないカエルの鳴き声が凄かったことを思い出します。その叔父さん夫婦も来てくれました。

 夕方からは支持拡大訪問。段ボールの梱包を母息子で作業している下請けの方は(母親)「一箱完成しても8円の利益、どんなに頑張っても親子で300個作るのが精一杯。働いても働いても年収200万にも満たない。以前は大きな仕事があり利益もあったが、今は借金の返済だけで利益のすべてが消える。安倍さんにこんな気持ちはわかるわけない。それを支持している国民も悪い」と。安倍内閣の支持率が高いのは確かですが、景気の回復を望む国民がメディアが煽るアベノミクスに対する期待感からくるものだと思います。国民の立場に依拠していない政治はやがて破綻すると言いましたが信じられないと言った様子です。それを現実にしていくのが共産党の役割です。頑張ります。

 

4月4日(金) 夕方帰宅時間の南口駅頭宣伝、兵太夫中地区街頭宣伝、支持拡大訪問など

 今日も日曜版の配達から。庁舎内職員の方ですが、異動の確認をしたのですが漏れもあったりで、結局午前中いっぱいでした。

 午後は街頭宣伝。明日5日土曜日に兵太夫中町内会館で行う市政報告のお知らせで、近隣地区7か所で訴えました。市議の役割は、地域の皆さんの要求実現に力を尽くす事。明日の会は、こちらからの一方的な報告ではなく、地域住民の方がどういった問題を抱えているか。それを具体的に知りたいと思います。具体的に話を伺わなければ、行政に伝えようがありませんので。

 その後は明日の参加お願いに数軒伺った後、夕方5時半から南口で駅頭宣伝です。いつもは朝行いますが、6時半まで党員の方と今日も応援に来てくれている「鷲山よしひさ」掛川市議と1時間ほど行いました。夜の駅頭は朝と違って、電車がつくとド~っと人が来ますが、それ以外は行き来がほとんどないので空気に向かってしゃべる時間が多くなります。それでも、朝とは違った人達がビラをとってくれる。新たにアピールできます。

 夜は支持拡大訪問、トラックの運転手をしているあるお宅ではただでさえ高い燃料代に加え、消費税増税で燃料代も3円上がる一方で、運賃は買いたたかれており本業だけでは食べていく事がやっと。副業で代行もやったが、体力的にとても持たない。同業者はみなそうだが、こんな有様ではとても仕事を続けていられないからどんどん辞めていってしまっている。その負の連鎖で仕事自体はあると。

 私が長くいた旅行業でも、規制緩和によってバスの台数が増えそれによってバス運転手が過酷労働になった実態を感じていました。夜の11時に車庫についてそれから洗車して、次の日の3時半出勤なんてことも具体的に知っています。中央道下りで居眠り運転している運転手を、隣のガイド席から膝をつつき足を踏み、必死に起こしたこともあります(声高に”起きろ”と言うと、お客からのクレームとなり、運転手馘首が確実)

 激しい価格競争でバス会社はそうしなければ儲からない仕組みを国が作ったのです。

 そんな状況が改善されずに、運送事業者は今回の増税で燃料代の増税分を転嫁できずにその分ますます従業員の給料削減や更なる過酷労働を強いる道しかありません。関越道の痛ましい事故が、いずれまた起きるでしょう。

 

4月3日(木) 北口駅頭宣伝、支持拡大訪問など

 木曜日恒例の北口での駅頭宣伝、今朝も7時から青島支部の方と2名で1時間行いました。選挙が近いのに、どの予定候補も見えません。もっとも、選挙の時だけ駅に立ち、政策を訴えるわけではなくただ挨拶しているのは「パフォーマンス」でしかないと思いますが。

 その後は駅南支部の方と支持拡大訪問ですが、ほとんどが留守でした。ですが、数少ない会話の中でも新たな支持を頂くことも出来ました。

 午後は、赤旗日曜版の配達。市職員の方で購読している人が多くいてくれているのですが、4月に異動がありその分の整理や、新たに出先機関で購読している方に選挙期間中支部の方で配達集金してもらうように一緒に行ってその旨挨拶に行ったり等々、こちらも大変ですが折角購読してくれているのにこちらの都合で配達が滞るわけにはいきません。

 夜は、別の党員の方と支持拡大訪問。鉄鋼業者の方は消費税増税で「業界では、どれだけの人が生き残れるかが話題になっている。見通しが聞かない」と。安倍内閣は、さらに10%への増税。経団連は更なる法人税の減税と「10%台後半」の消費税増税を政府に対し求めている。こんな政治情勢では「増税拡大路線」が続き、国民はいくら負担をすればいいのか計り知れない。自公民が増税に賛成。「増税する前にやる事がある」といっていた「みんなの党」は増税には反対していたが2月の国会では「便乗値上げをどう許さないかが問題だ」としか言えずに増税を前提にしており増税実施の際に何もしなかった。

 消費税増税に反対すると同時に、別の財源を示している共産党を伸ばしてもらいたいと訴えると「本当にそうだ」と言ってくださいました。最も「共産党は支持しているけれど、仕事でお世話になった人が立候補予定しているので今回だけは…」という方もおられましたが。

 

いつも一緒の鈴木さんと。杉田さんが撮影してくれました
いつも一緒の鈴木さんと。杉田さんが撮影してくれました

4月2日(水) 消費税増税怒りの南口駅頭宣伝、街頭宣伝、支持拡大訪問など

 水曜日恒例の朝の駅頭宣伝、今朝も7時から南口で党員の鈴木さんと焼津市議予定候補「杉田げんたろう」さんとで1時間行いました。

 訴えはもちろん消費税、ブログの3月31日欄で紹介した「増税分は全て社会保障に使う」は国民だましの詐称であること、来年10月の10%への増税にとどまらず経団連は政府の対し更なる法人税の減税と消費税を「10%台後半」に引き上げるように圧力をかけており、安倍首相もこれに迎合する姿勢であり「増税拡大路線」を止めることは今であることを訴えました。いつもは70枚程度のビラ配布が今日は100枚程度まくことが出来ました。

 その後は会議や写真撮影、事務作業で午前中。午後は一人で街頭宣伝です。市内6か所で訴えました。

 夕方からは、2ラウンドで支持拡大訪問。それぞれの党員の方に同行願ってです。ある市街化調整区域で農業をしている女性の方は、米を作っても赤字になるので固定資産税ばっかりかかってしょうがないので田んぼを売りたいが買い手がない。どうにかしてくれと。農業をやればやるほど赤字になる農政では未来はありません。加えてTPPを推進するようでは、国産産業は壊滅します。

 投票日が迫り、肉体的にも精神的にも色々ありますが、多くの方が後援してくれています。頑張ります。