日本共産党藤枝市議会議員:石井みちはるブログ

6月議会質問項目・日時

      決まりました。

※詳しい質問内容は「6月議会報告」からご覧ください。

①一般質問:6月17日(月)

午後1:40分頃~

 高洲南小学区に遊具ある公園を

  26年議会で高洲の公園不足問題を取り上げました。小学校児童一人当たりの公園面積は全市平均58㎡ですが、高洲学区で計算すると3㎡弱しかありません。

  子供が多く住む地域でありながら身近な場所に子供たちだけで遊べる公園がありません。今年度、高洲小学区に都市公園の整備が決定しましたが、南小学区にはほとんど公園がない状況にかわりありません。今議会では南小学区に限った公園整備を求めます。

農地の転用~耕作者の立場に立った売却転用を

 昭和30年代に定められた農地法や都市計画法により、市街化調整区域の青字地域の農地は原則転用や売却が認められません。

  当時は国の基盤産業である農業を保護するという目的がありましたが、現在は農業だけで暮らせる状況になく、「維持するだけで固定資産税がかかる」「農業を続ける後継ぎもいない」「雑草の処理費用も手間も大変だ」等々…不要になった農地の処分に困っている方の声を多く聞きます。国の規制だから仕方ないで済まされるでしょうか。青地であっても住宅に転用できる制度はあります(優良田園住宅制度など)農業地域の維持を確保しつつ、市民の立場に立った道の確保に市は努めるべきです。他に、今年度から全学区で始まる小中一貫教育事業など

 

②補正予算質疑:6月18日(火) 午後1:45分頃~

 幼保無償化、安全と質の確保を伴った制度に

  10月実施の幼保無償化。それ自体は前進ですが、保育士がいない、保育計画が定められていない等々、親が安心して預けられる施設以外も無償化の対象となります。

  大津市の保育園事故は認可保育園でしたが、かつては園庭がなければ認可園とされませんでしたが、近所に公園があれば認可園とされる規制緩和が行われた元、散歩途中の事故でした。

  無償化をするなら、保育の質の確保を伴って行うべきです。市独自の条例を定め、監督基準以上の保育施設のみ無償化の対象とするべきです。無償化実施と逆に有償となる給食代の取り扱いなど

 

市議会報告(NO33)が出来ました

 藤枝市議会11月議会報告が出来ました。主な内容は①国費1兆円の投入で高すぎる国保税の値下げを求める②病院給食委託問題で職員人件費を委託業者が負担する事を明言した等)です。

 詳細は(市議会報告NO33)からご覧ください。すべての議会で質問し、市議会報告も必ず作るを原則としております。

今月(2019年6月)の藤枝駅頭宣伝の予定

 南口:7日(金)、12日(水)、17日(月)、26日(水)

 北口:6日(木)、13日(木)、20日(木)、27日(木)

いずれも、朝7時~8時頃を予定しています。

 

日本共産党藤枝市議選(2018年)政策集(明るい藤枝)をご覧ください

①新春号

②新春号 その2

③3月号

④3月号外

日常活動報告 毎日更新しています (こちら

私の政策 最新UPしました (こちら

 

ご意見、ご要望など。こちらへ 

〒426-0026  静岡県藤枝市岡出山1-11-1 藤枝市役所内5階 

日本共産党市議団控室  石井通春宛

TEL/FAX 054(643)6898 メールはこちらより