11月30日(木) 北口駅頭宣伝など

 早いもので今日は晦日。今年も残り1か月です。木曜日恒例の北口朝の駅頭、今朝も7時から青島支部Yさんと1時間ほど訴えました。今朝は幸い暖かい朝で助かりました。その後は事務所で議会準備。

 

11月29日(水) 南口駅頭宣伝など

 水曜日恒例の南口駅頭宣伝、今朝も7時から南部支部Oさん、駅南支部Sさんといつものメンバーで1時間ほど訴えました。

 昨日の国会で、我が党の宮本たけし議員により森友学園への国有地の払い下げが理財局主導でごみが存在していたことにして8億2000万まけさせた音声データを財務省が存在していることを認め、事実上国がお膳立てをして国民共有の財産である国有地をただ同然で安倍昭恵氏が名誉校長を務める法人に提供していたことになります。

 「私や妻が関与していれば国会議員を辞める」(安倍首相)と国会で豪語しているので大変大きなニュースですが、今朝のNHKニュースはこの問題に全く触れずそのほととんどが北朝鮮のミサイル。これはこれで重要だが、今回は排他的経済水域への着弾、しかも最高高度がこれまで以上に上がったとのことでどれほど日本にこれだけ騒ぐほどの危機かあるというのか(さすがに今回はJアラートをしなかったが)

 にもかかわらず決まって安倍総理の映像を流し「この国を守る」フレーズばかり聞かされていては、自分の名前の学校まで作ろうとしてくれたほどの熱烈な支持者(籠池夫妻)が4か月も拘留され接見も禁止されているのに、自分がピンチになると「あの人はしつこい人」とまで言い放ち簡単に切り捨てる卑劣な男がいつまでも権力者で居座り続けられるのも無理ないことだ。

 その後は市役所へ直行。終日議会の準備。大石議員との打ち合わせなど。

 

11月28日(火) 相変わらず議案質疑をしない藤枝市議会

 今日通告締め切りの議案に対する質疑(今議会は20議案が市長から提案された)またしても質問を出したのは私と大石さんだけだった。

 議会は市長提案の議案に対し議決をする権利(議決権)の他に、議決に至るまで議論をする審査権がある。その審査の主舞台である本会議の議案質疑をまったくやらないのはなぜか?今議会では、大久保キャンプ場の値上げとか、結構シビアな議案があったのだがお咎めなし。こんなことだから執行部に舐められるのだ。

 私の質疑内容

①マイナンバー制度本格運用。自治体間の情報連携、費用対効果は

②究極の安上がり保育(企業主導型保育:子供の受け人数制限なし、年齢制限なし、保育士は半分でもOK)に固定資産税半減の税優遇は、子供の安全をどう考えているのか

③今年度から介護保険給付から外されたデイサービス、ホームヘルプは利用者の立場で運営されているか

 具体的中身は非常に複雑です。後日、ブログ「11月議会報告」で質問内容をUPします。その後は議案調査やストーブ購入など。

 

11月27日(月) 11月定例会初日 

 日刊紙の配達後、市議会。今日から11月議会が始まります。

 初日は、市長から提案理由の説明のみで20分で終了。その後は終日議会準備。明日通告の議案質疑や一般質問の内容調査等でした。

 

11月26日(日) 青島、高州、大洲9条の会主催映画「おもいやり」

 午前中党の会議後、午後は青島南交流センターで行われた映画に誘われて行ってきました。

 内容は、沖縄の思いやり予算の実態。沖縄や日本人目線ではなくアメリカ人の目から見た内容でした。

 日本人自身も、年間8000億円も税金を負担している実態はなかなか知られていませんが、印象的だったのは制作者自身がハリウッドでアメリカ人などにこうした実態の感想を聞いていたシーン。どの国の人も信じられない様子で、世界でも異常な負担を日本がしているというものです。

 教育の無償化も待機児解消も、オスプレイ3機、イージスアショア2機買わないだけで実現できるのに、なんで消費税と一体となるのか。異常な従属ぶりです。

 日本で唯一地上戦で悲惨極まる経験をした沖縄は、現在も戦争は終わっていません。今年初め妻の実家(沖縄県読谷村)の義父が亡くなり葬儀に行った際、義父の兄弟親類がたくさんくるので、礼儀上義父とどういう間柄を聞くのですがなぜか言葉を濁す。初めは、方言が通じないのかな~と思っていましたが葬儀後飲み交わしていると沖縄戦で若い男性のほとんどがいなくなってしまい、女性の中には亡くなった主人の兄弟と再婚する事も珍しくなかったと。簡単に説明できない理由がそこにはあったのです。

 

11月25日(土) 市内街頭宣伝、青少年健全育成推進大会

 土曜日の今日は日曜版の配達集金後、市内5か所で街頭宣伝でした。まだまだ反応は少ないですが、旧西友前で訴え後拍手して通り過ぎていく若い男性が。こうした声援が励みになります。

 午後は地域自治体が主催する高洲地区青少年健全育成大会、中学校PTAの私は育成会副会長なのですが、会の運営のほとんどは事務局の中学校が取り仕切っていて申し訳ない気分です。本来の学校教育とは違う分野にまで教員が駆り出される実態は改善していかなくては。今度の議会で取り上げていきたいと思います。

 その後再び日曜版の配達後、夜はPTA役員のメンバーと飲み会。これが楽しい。役を受けた当初は何ができるか不安だらけでしたが、今や最高の”レクリエーション”となりつつあります。

 

大石議員(左)と北村市長(右)に提言
大石議員(左)と北村市長(右)に提言

11月24日(金)   北口駅頭宣伝、北村市長に来年度予算案に向けての提言提出

    木曜日恒例の北口朝の駅頭ですが、今週は祭日でしたので今日に振り替えて実行。北風が冷たい今年一番の冷え込みでしたが、南部支部Oさん、青島支部Iさんと7時から1時間ほど行いました。

   今週月曜日の一斉駅頭でビラまきした9条改憲反対3000万署名用紙に、わざわざ書いて持ってくれて来た方がいました。寒さも忘れる嬉しさです。

    日曜版の配達集金をした後、午後北村市長に対して日本共産党議員団から来年度予算編成に向け113項目の要望書を大石のぶお議員と提出しました。

     今年は113項目となりました。前年度比で5つ増えているのですが今年度の議会論戦で達成された事項(公契約条例や保育料の値下げなど)10項目も削除し、新たな問題提起として編集しなおし113項目の要望としています。

   詳しい内容は、後日「藤枝市議団」欄にUPします。

 

    

11月23日(木)(祝)   議会準備など

    街頭宣伝のために今日一日あけていたけれど、朝から雨ということもあったけれど、来週火曜日通告締め切りの市長提案の議案に対する質疑(議案質疑)にむけて11月議会に提案された議案の調査に切り替え。

   よくよく見ると、マイナンバー、保育園、介護保険など私がこれまで取り上げてきた項目で重大な内容が数多くある。

    この議案質疑、他の議員はほとんどやらないばかりだけでなく共産党の質疑は一般質問(議案に限らず行政が司ること全てに質問できる)と変わらないから発言を制限しろという声が大きい。

   こんな話は執行部(市長)が提案する議案を市民を代表してチェックする(議会)審査権のイロハもわかっていない。本会議で何も質問もしないだけでなく、議会の役割を議員自らが放棄しろと言っているに等しい。そうした実態を市民の皆さんにお知らせすべく、現在準備中です。

 

11月22日(水)   南口駅頭宣伝,高州南小研究発表会など

   水曜日恒例の南口朝の駅頭、今朝も7時から駅南支部Sさんと南部支部Oさんとで1時間ほど訴えました。

    帰宅して朝食後は高洲南小学校へ。全国から先生が集まる「指導者研修会」にお招きいただき挨拶。4年の下の娘の授業も見てきました。午後は党の会議。

 

11月21日(火)   一般質問通告の提出

   正午の一般質問通告締め切り。昨日中に仕上げるつもりが会議でいろいろありカッカしてまとまらず。今朝未明に起きて事務所へ。8時過ぎ何とかまとまりました。

①納税者の立場に沿った収納を

・差し押さえ件数の異常な増加状況はなぜか

・換価の猶予(延滞金や差し押さえなどの)滞納処分の延期制度は活用されているか

②教員多忙化解消と学校統廃合なき小中一貫教育

・小中一貫教育の推進は小中統廃合の空気を醸し出す。明確な一線を

・多忙化解消に市教委が出来ること(臨時講師の待遇改善、部活動指導員の採用等)

・小学3年からの英語教育は英語能力の向上に結び付く根拠はあるか  等々です。

質問時間は12月8日(金) 午前9時から~と決まりました。

    その後は質問の調査のため、現場で働く方の意見を聞きに回っていました。

 

11月20日(月)   高校生も戦争反対!一斉駅頭宣伝など

    日刊赤旗早朝配達後、南口へ。一斉駅頭宣伝、広幡支部の方々と7時から1時間訴えました。今日の訴えは安倍政権の下でも憲法改悪です。9条に条項を加えて自衛隊を明記すること。

    通学途中の男女の高校生がビラをしげしげと見ているので話しかけてみると、自衛隊を明記することはが問われていると承知してました。でも、戦争は絶対ダメだと。2年前の安保法で専守防衛の任務と全く関係ない世界中どこでもアメリカ軍と一緒に戦争できるようにして、それを憲法でも認めることがとわれているというと、「そんな内容は自衛隊員はどう思っているのですか?」と。彼らは専守防衛も安保法も知っていましたが、安倍政権の改憲がどういう意味を持つかということまではわかっていない様子でした。もっと、アピールが必要です。

    その後は議会運営委員会、代表者会議、議案説明会、党の会議など会議の連続でした。

     

11月19日(日)    赤字が増大する!市立病院給食民間委託をやめて

    市民2600名余が市監査委員会に提出した市立病院給食委託の停止を求める報告集会に参加しました。

    監査の趣旨は2つ。①赤字が増大する委託は市民負担につながる ②随意契約の中身に官製談合の疑いが濃厚である。以上の理由で来年度からの委託を中止せよ。というものです。

    今は退職されていますが、実際現場で調理師として働いていた方もコメント。まず、来年度から実施されるというのに現場に全く説明がなく先行きが不透明なため何人もやめていってしまったこと。現在の臨職は半年の契約更新で昇給もないこと、人手不足で派遣に依拠せず、本来の2シフト体制が6~7シフト体制になっていまっていること等々.

   深刻な状況は委託で解消できるのでしょうか?まず、なぜこうなってしまったか?そこには調理師のみ募集し栄養士の募集を怠った、病欠で欠員がでておきながらその補充をしなかった、現場技術職正規職員の募集を18年してこなかった。これらを改めれば直営のままで「安定的な経営をする」(委託を推進する当局の理由)ことは可能です。

 

11月18日(土) 一般質問通告作成

 今日は街頭宣伝と考えていましたが朝から雨。やれないほどではなかったですが、今日明日中に通告を作らなければいけないので、街宣は明日にして日曜版の配達をした後は市役所にこもって通告の作成。 

 なんとか骨格は完成しましたが、A42ページを作り上げるのにあれこれ考え終日作業だった。夜は他会派議員の父親の通夜。

 

11月17日(金)  一般質問の準備が…

    気が付けば11月議会。もう来週火曜日が質問通告締め切りです。私の悪い癖は締め切りギリギリまでいろいろ考えているけれど通告書を作らない事があるので、今回はそういうことのないように事前にやるべきことは済まして今日一日を通告書作成に費やすつもりが、新たに発生した生活相談や党の仕事などが相次いで入ってきて3分の1もできなかった。

 

戦前のキンダーブック
戦前のキンダーブック

11月16日(木) 北口駅頭宣伝、図書館友の会の方と静岡福祉大学図書館視察

 木曜日恒例の北口朝の駅頭宣伝、今朝も7時から青島支部Iさんと南部支部Oさんとで行いました。今朝は風が冷たかったです。これからもっと寒くなりますが原則を曲げずに頑張っていきます。

 その後、市内の図書館友の会の方からお誘いがあり、焼津にある静岡福祉大学図書館へ。キンダーブックを見に行くという内容でした。

 名前すら知りませんでしたが、昭和2年に創刊した観察絵本の事でした。バックナンバー全体はそろっていませんが、戦前から戦後まで多くの複製本(原本は保管されている)が展示されています。

 なかでも戦前の本は戦争賛美(元寇の神風や爆弾勇士など)一色で、本くらいしか娯楽が全くなかった当時の子供が戦争を肯定し自ら命を差し出す事を当然と思わされた経緯がよくわかります。

 また、視覚障がいを持つ子供たちに点字本だけに限らず布製の文庫(手で触る絵本)など、他の図書館にはない本が多くあり勉強になりました。係の方に伺うと県内でもここだけだろうとか。障がい者の立場に立って考える事ができました。

 

今週の駅頭ビラ NO235
今週の駅頭ビラ NO235

11月15日(水) オスプレイ3機で待機児童は解消する。南口駅頭宣伝など

 水曜日恒例の南口朝の駅頭、今朝も7時から訴えました。

 安倍政権は総選挙で幼児教育の無償化をいいつつ、早速も認可外保育園は対象外と言い出しました。

 財源がどうのこうの言っていますが、そもそもなぜ財源と言えば消費税しか出てこないのか。待機児童の解消の公約すら守られていません。

 待機児童解消には認可保育園ですと定員90名を285か所必要。350億円程度ですが、オスプレイ3機分です。安倍政権は定価の5割増しで17機も買っている。こんな無駄遣いを改めれば簡単に実行できます。

 ミサイルを打ち落とせっこない「イージスアショア」を秋田と山口に設置するのに1600億。これは全国の大学生40万人に月3万円の奨学金が支給できる金額です。単純明快な理論です。公約破りの批判だけでなく提案もしていきたい。(具体的内容はこちら

 その後は党の会議など。

 

11月14日(火) 高洲中あいさつ運動、常任委員会など

 毎月参加している私がPTA会長している高洲中の朝のあいさつ運動。今朝も30分ほどですが登校中の子供たちにおはようの挨拶。わが不肖の息子も照れくさそうに挨拶を返す。

     午前中総務文教委員会。マイナンバー本格運営について質疑、メリットとされる提出書類の軽減(市外から市内へ移住した人に対して居住元の住民票などの取り寄せの軽減等)は、年に数件しかなくメリットと誇れるものではない事。自治体間の情報共有で新たなセキュリティー対策はなされていないこと。今議会で条例の制定がなされるのでまた忙しくなりそうだ。その後は書類整理等。

 

11月13日(月) 議会運営委員会など

 今日は議会運営委員会。11月議会もいよいよ始動です。その後はたまってしまっている書類整理でした。午後は葬儀。

 

限られたスペースをうまく活かしている
限られたスペースをうまく活かしている

11月12日(日)  市内街頭宣伝,兵太夫下町内会”ふれあい祭り”など

    日曜版の配達をした後は今日も街頭宣伝。午前中市内5か所で訴えました。

    ある商店の前でやっていると、近所から苦情が来ているからとか言われたりしましたが、遠くで農作業をしている人が手を振ってくれたり後からラインで「やってましたね~」と通信が来たり。いずれにしろ回数を重ねて認知度を上げていくことだ。激励をいただくことで自分自身への励みにもなります。

 合間の時間に隣町の兵太夫下町内会”ふれあい祭り”に。役員の方から毎年やっているからぜひ見に来てみたら?と言われていたので寄ってみました。

 突然の訪問にもかかわらず町内会長が案内してくれたのですが、私の想像をはるかに超える”祭り”でした。書道、切り絵、刺繍、般若心経等々…町内会館に展示されている作品は中学生からお年寄りまで3世代にわたっての手作りの数々。よくありがちな”この作品は何賞だ!”という押し付け感もなく、かといって所せましと展示されているわけでもない。素朴な作品を素直に楽しむ”お祭り”でした。

 聞くと今年で39回目だとか。一つの町内会でこれほどの催事がずっとつづいているからこそ数々の作品が集まり、見る側も楽しめる結果につながっているのではないかと思います。素晴らしいですね。

    水泳1500m、40回目で総距離55400m、左肩の痛みは相変わらずなのだが今日はいつものペースで休みなく35分で泳ぎ切れた。でも、体重は72・2kと太ってしまっている。

 

11月11日(土)   市内街頭宣伝、共産党青島支部「日本の未来を語る会」

   午前中、市内5か所で街頭宣伝。総選挙後、街頭での訴えは初となってしまいました。お礼と激励にこたえられない結果になったことのお詫びも。がっかりせず、特別国会での党の立場(森友加計疑惑の解明、9条改憲を許さない)を軸にした演説としました。

    久しぶりだったので反応はほとんどない。たった一人でやっているのがむなしくなるのを我慢して訴えていると、自転車の女性が駆け寄ってきて「応援してます、握手してください」と。

   来年4月市議選までもう半年を切っている。私は京都出身で藤枝に同級生もいないし、親戚もほとんどないので、市民の皆さんに訴えるのは街頭宣伝だ。と頑張ったのが1期目で800回こなしましたが、現職となった2期目は甘えてしまって200か所程度だったか。告示前の街頭宣伝実施は共産党だけが出来る強みだ。幸先いい激励があり前前回以上に頑張っていきたい。

    午後は市党青島支部主催の「日本の未来を語る会」に。45分の時間をいただいたので、総選挙の結果について、若者がなぜ自民党を支持するのか、共産党のネット配信のあり方から市議会でのこれまでの成果など、お話させていただきました。その後の懇談会では、静岡ではなぜ野党共闘ができないのか、買い物難民の話などいろんな意見が出ました。市立病院の料金徴収のやり方が問題となっていることなど初めて知ることも、やはり市民の皆さんと直接対話することが一番です。

  

11月10日(金)  事務作業、高洲を考える会など

   今日は不燃物回収。組長なので6時半から当番です。その後は市役所へ。予算編成申し入れやアンケート作成などの事務作業。夕方は、高洲地区自治会長が主催の「高洲を考える会」地区選出の5名の議員との懇談会でした。

 

11月9日(木) 北口駅頭宣伝など

   木曜日定例の北口朝の駅頭、今朝も7時から青島支部Oさんと南部支部Oさんと1時間行いました。

    爽やかな陽気で訴えていて気持ちいいです。お二人のOさんの頑張りでビラも気持ちよく完売、訴えの内容は共産党流"働き方改革"です。(訴えの内容はこちら)

    その後は日曜版の配達と集金。事務作業。

 

11月8日(水)   トランプ狂(協)奏曲

  ゴルフのスコアに始まり、鯉の餌のやり方、ステーキの焼き具合、夫人のファッション…来日中のトランプ大統領のテレビ報道はほとんどがこうした類のものではなかったのではないでしょうか。

  私はテレビを全く見ませんので断定できませんが、これまでの経緯から見るまでもなくそうだと思う。

   そんなことで"はしゃいで"いる場合か。トランプはアメリカの兵器を大量に購入せよといい、安倍はOKと言った。日米の協定により日本はアメリカ言いなりの値段で兵器を購入しなければならない。1機100億円のF35を140億~150億で購入している事実。未来永劫、アメリカの軍事産業のために国税を費やす約束を勝手に交わしているのだ。

     普段「非国民」「売国奴」と共産党を非難している右翼はなぜ怒らないのかね?曽根一夫著「私記、南京虐殺」(実際中国侵略に従事した当事者自身の回顧録、一時的史料に準じる)一冊読めば戦争がいかに悲惨であるか具体的に(※夫が見ている前で妻を日本兵が輪姦した後、口封じのため夫婦とも銃殺する描写等々!!)知ることが出来る。だからこそ戦争は絶対にダメだと思う。ネトウヨが好んで使うネットで簡単に入手できるはずだ。

   メディアは、こうした戦争の実態こそ報じてもらいたい。それでも戦争を望むような人はいないはずだ。

     

11月7日(火) 志太榛原5市2町議員研修会など

   朝一で市役所へ行って事務作業。駅頭ビラの作成など。その後、ご近所の高洲幼稚園七五三のお祝いにお招きいただき挨拶。毎度ながらわが子の幼い時を思い出し感無量になる。

   午後は志太榛原5市2町の議員研修会。毎年行っていますが、今年は藤枝市が当番。講義と懇親会。

 

11月6日(月) 党会議など

 日刊紙配達後市役所へ。予算要求の作成など。午後は党の会議。

 

11月5日(日) 高州交流センターふれあい祭り、PTAで綿菓子出店

 今日は高州地区交流センター(旧公民館)で毎年開かれる「ふれあい祭」です。議員として来賓のお招きいただき挨拶&高州中PTAが毎年出店している綿菓子の作成。朝の7時から午後2時くらいまで、PTA役員の皆さん、校長・教頭・主任の先生と一緒に販売する事357本。長蛇の列中、機械故障のアクシデントもありましたが大変楽しかったです。夜はご苦労さん会。

 

11月4日(土) 党会議など

 今日は明日行われる高洲地区交流センターふれあい祭りの準備。PTAは綿菓子販売を担当するのですが、学校のテントを借りているのでその搬入。その為に教頭先生に出てきてもらう。明日本番の時は、中学ブラバンの演奏があるのでその準備のために今日は出なければということでしたが、教育と関係あるのかどうかわからないこうしたところまで出てきてもらう仕組みそのものを見直さないといくら教職員多忙化解消どうのこうのいっても改善しないと思う。先生から言うことは勇気あることだし、PTA行事そのものが負担になっていることも結構ある。

 その後は日曜版の配達、午後は党の会議。

 久しぶりの水泳、肩痛が治らないのですが、先々週は首筋だったのが今週は肩が特にいたい。首の時は医者は安静にするようにと、一方、肩の時は動かしたほうがいいと10年前四十肩だといわれた別の医者の言葉を勝手に解釈して1200m。こういう素人判断がいいかどうかわからないけれど、運動不足による倦怠感とストレス解消のため。最もいつもの1500泳ぎ切るペースは無理で200m泳いでは2分のインターバルの6セットですが。今年39回目で総距離53900m、体重71・4k。

 

11月3日(金) 市表彰式など

 今日は高州地区第3自治体グランドゴルフ大会にお招きいただき挨拶。その後は市役所で市表彰式。日曜版の配達と集金。

 左肩の痛みがひどく昨日病院でもらった痛み止めは前回よりもきつい薬なのですが、痛みは和らぎますが喉が渇くのと眠くなってしまって仕方がない。午後娘を蓮花寺公園に連れていく予定だったが寝てしまう。最も、今日になって友達と遊ぶ約束したから公園に行くのはやめたといっていましたが。

 

11月2日(木) 北口駅頭宣伝、教職員多忙化解消委員会など

 木曜日定例の北口朝の駅頭宣伝、今朝も7時から青島支部Yさんと1時間ほど行いました。選挙の関係で後回しになってしまいましたが9月議会報告を配りました。

 その後は市教委主催の教職員多忙化解消委員会。静岡県が行っているモデル校を指定して多忙化解消が図れるかどうかの取り組み(夢プロジェクト事業)の指定校に高州中がなっていますので校長先生とPTA会長の私、準モデル校の岡部小校長、それと高洲地区の自治会長、市PTA会長と市連合自治会長、有識者として産業大学の社会教育の松永教授というメンバーで小規模ながら責任重大です。

 ここでの私は議員ではなく保護者代表という立場でなかなか難しいのですが、大方の保護者は先生の勤務終了時刻は16時半で、それ以降の部活動はほとんどサービス残業であること、市や県教委から学校に流れてくる文書は年間3200枚あり、その対処が求められている事、PTAが学校の下部組織ではなく社会教育団体であって学校とは対等であることなど、現場の方の声を聴くことで非常に勉強になる。

 でも保護者も共働きが当たり前の生活で忙しい。子供たちも忙しい。それぞれが忙しくて教員の多忙化にまで目がいかないまま日常生活を送っているの実情です。そうしたお互いの多忙な状況を共有できる環境がないのが一番の問題ではないか。そうした意見を述べました。

 根本には国の貧困な教育行政、OECD加盟国で最低の教育費の国家予算、1機100億のオスプレイを低下の4割増しで何十機も購入しておきながら、教師の多忙化に役立つ部活動指導者のための予算は40億程度。使い道を変えれば消費税を挙げなくても十分可能だ。

 他の時間は日曜版の配達集金でした。左肩の具合が先週来よくならず今日も病院。これが2時間半待。